スクワランとは?美肌ケアやアンチエイジングケアに利用する際に知っておくべき基礎知識

このサイトはスクワランとはどのような成分なのかを知りたい人に役立つ情報をご紹介しています。
美肌ケアや、アンチエイジングケアに利用する際に知っておくべき基礎知識も解説しているサイトです。
このオイルは凝固や酸化しにくい性質を持っています。
肌に優しい上、使いやすいでしょう。
またニキビや毛穴ケアにも効果的といわれているアイテムです。
上手にスキンケアに取り入れることにより、肌の悩みが改善させられる可能性があります。

スクワランとは?美肌ケアやアンチエイジングケアに利用する際に知っておくべき基礎知識

スクワランの美容効果と使用法が気になるという人は多いのではないでしょうか。
スクワランはスクワレンを参加しにくくさせたもので、スクワレンは人に皮脂にも含まれている成分です。
適度に補うことにより、角質層の表面を守るのに役立ちます。
スクワランはフェイシャルやボディケアに使うことができるだけでなく、髪の毛や爪のケアにも使うことが可能です。
いずれの場合にも少量を手に取って馴染ませて使います。
多すぎないように注意するのがポイントです。

スクワランはどのようにして得られるものなのか

スーッと肌に溶け込み馴染みが良く浸透力が高い保湿成分であるスクワランは深海鮫とオリーブから得られますが、スクワラン配合の美容オイルはオリーブ油から抽出されることが多いです。
スクワランは人間の肌にもともと存在する成分であるため安心安全です。
様々な使い方が出来て万能で汎用性が高い優れもので、スキンケアにおけるあらゆるステップで大活躍します。
洗顔を終えていちばん最初に使うブースター的に使えば角質が柔らかくなってその後に使う化粧水が入り込みやすくなりますし、化粧水の潤いを逃がさないようにするために乳液・クリームの代わりの保湿用に用いてもOKです。
たっぷりと塗って滑りが良い状態にしてマッサージをすればリフトアップ効果や血流アップ効果がもたらされ、化粧下地やファンデーションに加えて自然なツヤ感を出すことも出来ます。
髪の毛に潤いとツヤを与えるためのアウトバストリートメント、全身の乾燥を防ぐためのボディークリームにもなりとにかく多機能で便利です。

スクワランの種類による性質の違い

スクワランの種類は動物性と植物性に分かれ、それぞれに特徴がありますので違いを見ていきましょう。
まず動物性スクワランは、そのほとんどが深海ザメから採れるもので、肝臓部分の油から抽出します。
植物性と比較して多くの量が抽出できるため、市販されている化粧品やスキンケア商品の多くに使用されています。
ただし、肌に付ける動物性スクワランは純度が肝心であり、純度が低いものだと人によっては肌にトラブルを起こすこともあるので注意が必要です。
一方の植物性スクワランは、大豆・トウモロコシ・オリーブなどの植物から採れるものになります。
その中でもポピュラーなものがオリーブから抽出されたものですが、含有率は1%程度と大変希少です。
植物性の特徴は、動物性と比較すると使い心地が軽くてサラッとしている点にあります。
また、動物性に含まれる刺激成分プリスタンが植物性には入っていないため、敏感肌の人でも比較的使いやすいと言われています。

スクワランの天然の保湿剤としての特徴

化粧品として利用される機会が増えている「スクワラン」は、主に深海に生息するサメの肝臓に含まれる動物性のものとオリーブやサトウキビ、とうもろこしなどに含まれる植物性のものがあり、動物性スクワランには皮膚刺激成分であるプリスタンが含まれていることから最近では植物性の天然由来の保湿剤が特に人気となっています。
スクワランは天然の保湿剤として肌に潤いを与え皮脂成分を安定化させられることが期待されていますが、保湿効果以外にも肌のターンオーバーを正常化させる効果を持っています。
スクワランは非常に粒子が小さくなじませると肌の角質層まで浸透していきます。
角質層に成分が行き渡ると新陳代謝が活発になりターンオーバーが促されるため、最近肌のくすみや透明感がないと悩んでいる方はスキンケアに取り入れることで状態を改善させることができるようになります。
他にも毛穴詰まりを解消することも可能で、スキンケアに加えることで新陳代謝が改善すると毛穴に蓄積された古い角質や汚れが排出されやすくなり、皮膚が柔らかくなっていきます。

スクワランは皮膚になじむ性質を持つ

親油性と親水性を兼ね備えたスクワランは皮膚にも存在する保湿成分で、スクワランオイルは肌にスーッと馴染み浸透力に優れているという性質を持っています。
オリーブ油から抽出されることが多く美容オイルとして重宝されており、万能で使いやすいと評判です。
スクワランオイルの使い道は多岐にわたり、導入美容液や乳液やクリームやマッサージオイルや艶出しやヘアトリートメントに使えて便利で万能です。
洗顔後にブースター的な使い方をすれば化粧水の浸透が良くなり水分保持力がアップしますし、乳液やクリームの代わりに用いて保湿をすれば角質が柔らかくなりバリア機能の向上を助けます。
伸びやかで滑らかなオイルなのでマッサージにも適していますし、リキッドファンデーションとの相性が良くベースメイクの艶出しにも使えます。
肌だけではなく髪の毛への馴染みも良く、毛先につければ潤いとツヤに満ちたまとまりの良い扱いやすい髪質に変わります。
オールマイティーな実力派コスメです。

著者:山城茂喜

筆者プロフィール

東京都荒川区生まれ。
メイクアップアーティストをしています。
スクワランについての記事を書いています。
スクワランについて