スクワランは凝固や酸化しにくい性質を持つ

スクワランは凝固や酸化しにくい性質を持つ

保湿に関するスキンケア商品に多く使用されているのがスクワランです。
スクワランはワセリンと比べるとべたつきが少なく、さらにさらさらとした触感があるのが特徴です。
聞きなれない言葉であるため安全に使用できるのか不安になりますが、スクワランはもともと人の皮脂に含まれている成分になります。
この成分は10年以上の使用実績があり医薬部外品原料規格にも収載されています。
皮膚や目にも刺激がなく、妊娠中や赤ちゃんでも安心して使用することができます。
肌への親和性が高い、天然の保湿剤に近い成分であることから多くのスキンケア商品に使用され、美肌効果と浸透作用効果を得ることが可能です。
スクワランは高沸点と低凝固点が特徴であり、化粧品の原料に適した成分です。
また酸化もしにくいので化粧品だけでなく工業用としても使用することができ、様々な使い方ができます。
なめらかな触感と伸びの良さは他の成分にはない特徴であり、使い勝手が良いのが特徴です。

濡れた肌になじむオイル、スクワランオイル

スキンケア商品は様々な種類がありますが、敏感肌でも使用する事ができるスキンケアオイルはご存知でしょうか。
濡れた肌になじむスキンケアとして有名ですが、保湿目的での使用では濡れた肌になじませることによってより高い保湿効果をもたらしてくれるスキンオイルです。
このオイルは、クレンジングと洗顔した後に化粧水をたっぷり使用した濡れた肌にラップをするようにのせると、美容液やクリームを使用しなくても十分な保湿効果が期待できます。
使用するスクワランオイルはほんの一滴なので、コストパフォーマンスも最高なアイテムです。
スクワランオイルは殺菌作用や鎮静作用があると言われ、アトピー肌などの敏感肌でも使用ができます。
お顔だけでなく、リップクリーム代わりにを塗ってもいいですし、ネイルケアの他にかかとやひじのかさつき、妊娠線予防にも使えます。
濡れた肌になじませるだけの簡単な方法で、全身に保湿効果が期待できる、大変優れたスキンケアが可能です。

著者:山城茂喜

筆者プロフィール

東京都荒川区生まれ。
メイクアップアーティストをしています。
スクワランについての記事を書いています。